第2世代の抗ヒスタミン薬に分類されているアレグラは、花粉症や通年性アレルギー性鼻炎などの治療に使われている薬です。
アレルギー性鼻炎の症状は風邪と似ています。
風邪がウイルスを原因として発症するのに対して、アレルギー性鼻炎は花粉などのアレルゲンが原因となって起こるという違いがあります。

アレグラは、花粉やハウスダストなどのアレルゲンを吸い込むことによって鼻が起こしたアレルギー反応を軽減する働きを持つ薬です。
くしゃみや鼻水、鼻づまりなどの嫌な症状を抑えることが出来ます。
また、花粉症は症状が出る季節が大体決まっている病気です。
アレグラは花粉症の予防にも使える薬なので、毎年決まった時期に鼻炎が起こる人はアレルギー科などの病院で相談しましょう。

予防のためにアレグラなどの抗アレルギー薬を花粉シーズンの少し前から処方してもらうのがおすすめです。
アレグラが花粉症の予防に使える理由は、今出ているアレルギー症状を抑える即効性のある効果があるからです。
加えて、これからアレルギー症状を引き起こす物質が体内に放出されないように抑える効果も持っているのです。
後者の効果を得るには花粉シーズンが始まる2週間ほど前から薬を飲み続けると良いとされています。
アレルギー科や花粉症治療が出来る内科で医師に相談し、アレグラなどを飲み始める時期を決めると良いでしょう。

アレルギー疾患の一種に接触皮膚炎があり、ウルシ皮膚炎などがよく知られています。
ウルシ皮膚炎はウルシなどの植物に近づくだけでかぶれることがあるので生活上注意が必要です。
ウルシにかぶれる人はウルシ科のマンゴーでアレルギー症状が起こることも多いとされています。
マンゴーアレルギーはマンゴーの皮をむいたり、食べた後に唇や手指をはじめ、酷い場合には身体にも水泡や紅斑が出てかゆくてたまらないという症状が起こります。
酷い時には早めにアレルギー科などで治療を受けましょう。