花粉症はスギやヒノキ、シラカバなどの花粉に反応して起こる季節性アレルギー性鼻炎です。
これらは、アレグラやストナリニといった鼻炎の薬で症状を軽減することが出来ます。
花粉症の傾向がある人は、その人のアレルゲンになっている花粉が飛ぶ季節になると、鼻水やくしゃみ、鼻づまりといった症状を起こします。
これは体内に入ってきた花粉に反応してヒスタミンという物質が体内に放出され、鼻の粘膜などを刺激して花粉を体外に出そうとするからです。
アレグラやストナリニにはこのヒスタミンを抑える成分が配合されているため、鼻水やくしゃみなどの花粉症の症状を軽くすることが出来ます。

アレグラとストナリニはどちらもドラッグストアで買える薬で抗ヒスタミン薬に分類されます。
違いは何かというと、アレグラはフェキソフェナジン塩酸塩、ストナリニSはマレイン酸クロルフェニラミン、ストナリニZはセチリジン塩酸塩を有効成分としている点です。
抗ヒスタミン薬には第1世代と第2世代のものがあります。
第2世代のものの方が眠気や口の渇き、排尿障害といった副作用が出にくいのでおすすめです。
この中ではアレグラとストナリニZが第2世代の抗ヒスタミン薬になります。
更に、アレグラは第2世代の中でも眠くなりにくいという利点があり優れているとされています。
仕事の関係などで眠くなる薬が困る人はアレグラを使って花粉症に対処するのが良いでしょう。

アレルギー疾患には、花粉だけでなく果物の桃が原因で起こるものもあります。
桃アレルギーは桃を食べると口や喉にかゆみや違和感を感じたり、唇が腫れたりする口腔アレルギー症候群の症状が出ることです。
花粉症と果物アレルギーには交差反応という関係があります。
シラカバやハンノキの花粉症の人は桃やリンゴ、サクランボ、キウイなどを食べた時に口腔アレルギー症候群を起こしやすい傾向があるとされるので、当てはまる人は注意しましょう。