ジルテック錠の有効成分はセチリジン塩酸塩です。
この有効成分は抗ヒスタミン薬と呼ばれていてアレルギー症状を抑えてくれます。
第2世代と呼ばれている新しいタイプのものです。
セチリジン塩酸塩はアレルギー症状の原因となっている体内物質のヒスタミンの作用を抑えてくれるので、アレルギー症状に効果があります。

今までの抗ヒスタミン薬には副作用として口の渇きや排尿障害や眠気などがありましたが、ジルテック錠は副作用が少ないです。

ジルテック錠の効果と服用方法

ジルテック錠は花粉症や蕁麻疹、湿疹のかゆみなどの治療に使われています。
ですが、対症療法薬なのでアレルギーの原因を治してくれるものではありません。
症状を緩和してくれます。

服用方法は、成人の場合だとセチリジン塩酸塩として10mgを1日1回です。
就寝前に経口服用しましょう。
年齢や症状によって変わりますが、1日服用出来るのは20mgまでになります。
小児の場合は、7歳以上15歳未満だとセチリジン塩酸塩として5mgを1日2回です。
朝食後と就寝前に経口服用しましょう。

ジルテック錠を飲み忘れてしまったら?

ジルテック錠を飲み忘れてしまったら気が付いた時に1回分を飲むと良いです。
しかし、次の飲む時間が近い場合は飛ばしましょう。
そして、次の時間に1回分を飲みます。
絶対に2回分飲んではいけません。
間違って多く飲んでしまったら医師か薬剤師に相談しましょう。
自分の判断で飲むのを止めてはいけません。
必ず医師か薬剤師の指示に従いましょう。

ジルテック錠を服用する前に注意すること

ジルテック錠を飲んだ事がある人でかゆみや発疹などのアレルギー症状が出た事がある人は医師と薬剤師に伝えましょう。
腎障害や肝障害、てんかんなどの痙攣性疾患などの場合も伝えないといけません。
他には、妊娠している人や授乳中の人、他に薬を飲んでいる人も医師や薬剤師に伝えましょう。

ジルテック錠は個人輸入代行の通販サイトを利用して購入するのがオススメです。

個人輸入のデメリットも存在する

個人輸入代行の通販サイトで購入すると安く購入出来ます。
なぜかと言うと、ジルテック錠のジェネリック医薬品を販売しているからです。
ジェネリック医薬品とはどんなものか知っているでしょうか。
ジルテック錠のジェネリック医薬品は同じ有効成分が使われているので、効果や副作用も同じです。
ですが、値段はとても安いです。
ですので、花粉症などで悩んでいる人利用してみましょう。

個人輸入代行の通販サイトは普通の通販サイトと変わりません。
誰でも気軽に利用出来ます。
忙しくて病院に行く時間がないという人にとっては嬉しいサービスでしょう。
もちろん違法ではないので、心配する必要はありません。

ですが、メリットばかりではなくデメリットもあります。
デメリットは、偽物が販売されている可能性があるという事です。
ですので、個人輸入代行の通販サイトを利用する時は、まずそこの口コミや評判などを調べましょう。
口コミや評判が良いところを利用すれば、偽物を購入する事はないはずです。

ジルテックの副作用に注意しましょう

ジルテック錠を購入する時は副作用などを確認しておきましょう。
主な副作用は眠気や倦怠感、めまいなどです。
副作用が現れたら医師か薬剤師に相談しましょう。
眠気がある場合は自動車の運転など危険な事は避けた方が良いです。
お酒を飲むと、眠気や倦怠感などが強くなる場合があるので気を付けましょう。

ごく稀に重い病気に繋がる症状が出る場合があります。
例えば、呼吸困難や血圧低下、蕁麻疹などの症状が出たら、アナフィラキシーショックの初期症状の場合があるので、必ず医師の診察を受けましょう。
全身倦怠感や食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる症状が出たら、肝機能障害や黄疸の初期症状の場合があります。
これ以外にも副作用はあるので、何か気になる症状が出た場合は、医師か薬剤師にすぐ相談しましょう。