花粉症の時期が到来すると、多くの花粉症の患者は、アレグラといった薬に頼るしかなくなります。
ところが、花粉症用の薬というのは、アレグラの他にも多くの種類が存在しているので、選びきれないというのが実情です。
また、医者から処方されたり、口コミで評価の高い薬を選んだとしても、効果が感じられないというケースも多いです。
当然、比較的評価が高いアレグラも、効果が得られる方と、得られない方に分かれてしまいます。
そもそも、アレグラという薬は、アレルギーを生じさせる起因となるヒスタミンを、抑制することができる製品です。
アレグラのみならず、抗アレルギー剤には、全てヒスタミンを抑制させる作用があります。
花粉症による、様々な症状を緩和させることができるものの、引き換えに口が渇くといった事をはじめ、倦怠感や眠気といった症状も見受けられます。
薬は、必ず副作用がついて回るので、仕方ないと諦めるしかない面もありますが、副作用は少ないに越したことはありません。

こうした、副作用を減らすために誕生した薬が、アレグラです。
症状を抑えるために、薬を服用すると、必ず眠気が生じ、仕事や車の運転に悪い影響を与えます。
ところが、アレグラの場合、数ある抗ヒスタミン剤の中において、最も副作用が少ないので眠くなりにくいのです。
眠気に襲われなければ、当然集中力や判断力、作業効率が低下することはないので、薬を服用していない状態で作業が継続できます。
また、全ての市販薬が払拭できない問題として、処方薬には劣るというイメージがあります。
アレグラは、このようなイメージを払拭するために、医療現場で用いられている成分と同じ用量で、薬効成分が配合されています。