花粉症の女性 花粉症は突然始まるものです。
風邪かなと思っていたら、症状が長引き、病院で診察を受けると、花粉症だと判明することがあります。
基本的には、花粉が飛び散る季節が終わらない限りは治りません。
マスクや空気清浄機で予防したり、アレグラなどの抗アレルギー薬で対処療法を行うしかありません。

抗アレルギー薬アレグラで治療できる症状は、主に花粉症です。
他にもハウスダストなどによるくしゃみや鼻水、鼻づまり、などの鼻のアレルギー症状の緩和にも役立ちます。
それ以外にもパンなどの小麦や、そば、ナッツ、サバなどの青魚、イカやタコなどを食べたときに起きるアレルギーにも効果があります。
蕁麻疹や発疹など症状が起こる食物アレルギーにも効果があるので、病院や個人輸入代行通販で手に入れるようにすると良いでしょう。
アレグラに含まれた、第2世代抗ヒスタミン成分のフェキソフェナジン塩酸塩が、さまざまなアレルギー症状を和らげてくれます。
例えば、アレルギー性鼻炎に悩み、くしゃみや鼻水が止まらないときはこの薬を使いましょう。

アレグラは第1世代の抗アレルギー薬と比較すると、脳に与える影響が少ないので、眠くなりにくいのが特徴です。
これまで抗アレルギー薬を飲んだ人の中には、集中力や判断力が低下し、作業能率が下がるという人が多かったのです。
アレグラはそういった副作用がないので、仕事や学業に支障をきたすことがありません。
アレグラは空腹時でも服用できますし、1回1錠、1日2回で効き目が1日続くので、飲み忘れを防げる使い勝手の良い薬です。
ただし、眠気以外の副作用もあるので、症状が重い場合は、ただちに使用を中止し、病院で診てもらうようにしてください。
のどやまぶたの腫れ、発疹、吐き気、頭痛、めまい、動悸、呼吸困難などが起こることがあります。
ショック状態になった場合は危険なので、急いで受診するようにしましょう。

ザイザルも鼻炎に効く

鼻炎の女の子 アレルギー性鼻炎の症状を抑えてくれる薬として、アレグラの他にも人気なのがザイザルです。
この薬には、アレルギー性鼻炎による症状を和らげてくれるという効果があります。
一方で他の薬と同様に副作用もあります。
ザイザルの副作用としては、眠気や倦怠感があります。

ザイザルが人気を集めているその1つとして、作用が24時間発揮するということです。
つまり、基本的には1日1回の服用で済むので、忙しい人や飲み忘れてしまうという人も安心なのです。
これはアレグラにも言えることですが、アレグラが体に合わなかった場合にザイザルが使えるということです。

アレグラと違い、ザイザルを服用した場合、個人差はありますが、強い眠気を感じる場合があります。
ですから、車の運転や危険を伴うような機械の操作は出来るだけ避けるようにしましょう。
さらに、飲酒のタイミングで服用すると、強く眠気があらわれる場合もありますので、注意が必要です。

もし、ザイザルを服用し副作用が強くあらわれたという場合には、医師や薬剤師に相談した上で他のアレルギー性鼻炎に作用する薬に変えてもらうようにしましょう。
ザイザルによる副作用が生活に支障をきたさないようにしたいという場合には、服用する時間帯が重要になります。
効果は24時間続くわけですから、夜寝る前に服用するようにすると、飲み忘れることもありません。
万が一眠気や倦怠感などの副作用があらわれた場合でも生活に支障をきたすことは少ないでしょう。

ザイザルを飲み忘れてしまったという場合には、気がついた時点で服用するようにしましょう。
次の服用時間が近いという場合には、忘れた分は飲まないようにし、通常通り服用するようにしましょう。
2回分を1度に服用するということは避けるようにしましょう。
また、支持された量よりも多く服用した場合は必ず医師もしくは薬剤師に相談しましょう。

薬以外の対応も考えよう

マスク 花粉症やハウスダストなどが原因でアレルギー性鼻炎で悩む多くの人が抱える問題があります。
それはくしゃみや鼻水、鼻詰まり、喉の不快感などの症状です。
症状が出たら抗アレルギー薬を服用したり、点鼻薬を使用したりと対応しますが、他にも何か対応策はないのでしょうか。

花粉の時期になるとよく、外から帰ると花粉を落としてから家に入る、眼鏡やマスクの着用を勧められます。
では、薬の服用はアレルギーの症状で悩まされてから、と考えるかもしれません。
ですが、実は花粉のシーズンに入る前にそういった抗アレルギー薬を服用することが重要です。
アレルギーを予防する、という考えだと分かりやすいかもしれません。
すでに何が原因かが分かっているならば、それを除去する以外にも予防的に薬を服用しておきましょう。
そのためには花粉が飛散する前に対応すべく、花粉対策用の眼鏡や隙間のない顔面にフィットしたマスクの着用を心掛けましょう。
飛散予想の直前だと、すでに飛散している可能性もあるので先に行動しましょう。

ハウスダストに悩む人は家の中に布製品を少なくすると良いでしょう。
日本の住宅がフローリングが主流になってきた結果、カーペットやマットなど、布製品の使用が増えました。
布製品が増えるということはそれだけダニが増える環境も増えることにつながります。
そのためなかなか洗濯が出来ないような布製品は出来れば使用を避けた方が無難でしょう。
ダニの死骸もまたアレルギーの原因となり得るからです。
また、布製品は埃も溜まりやすく、ハウスダストが舞いやすくもなります。
ハウスダストが原因でアレルギー性鼻炎に悩むのならば、出来れば布製品を少なくすることも対応策の1つです。

自分が何が原因でアレルギー性鼻炎になっているのかが分かっているならば、しっかりと対応することで症状を緩和、もしくは防ぐように努めることができます。
まずは、自分が何に対してのアレルギーなのかを考えましょう。
そして、薬を服用する前にできることはないか、身の周りの生活環境を見直してみることが大切です。